bar

2013年10月23日

【この人に聞きました:メディア掲載】File16. 塩川彩さん

セントマーチンズのオリエンテーションコースに留学されていた塩川彩さんが、マガジンハウスが発行する大人カジュアルマガジン「Lips」で紹介されています!

特集記事タイトルは“やる気と勇気とお金がキーワード 100万円で人生を変えた人たち”

lips2.jpg img-X23155741-0001 - コピー.jpg


以下、記事の内容です。

shiokawa2.jpg

*****************************************

before 事務職 ⇒ WEBサイト編集 TOTAL¥1,030,000
塩川彩さん(26歳) LINE株式会社勤務

思い立ったら即行動!
留学で諦めていた夢を引き寄せる

学生時代からファッションやアートに携わる仕事がしたいと考えていた塩川さん。夢を叶えるため美術予備校に通っていたものの、経済学部へ進学。大学卒業後も事務職をしていた。そんなとき、身内に不幸が起こる。お母様が亡くなってしまったのだ。

「今は立ち直りましたが、当時はかなり落ち込んでしまって・・・。自分はこのままでいいのかなって考えてばかりいました。結果、やっぱりクリエイティブな仕事をあきらめられないって思ったんです。」

そこからの彼女の行動は早かった。ネットで海外のアート系大学に関してリサーチ。夢を叶えると決めた一か月後には、ロンドンへ向けて旅立っていた。

「ロンドンにあるセントラル・セントマーチンズは、マックイーンなど、有名デザイナーを多く輩出した憧れの大学。学校の雰囲気を味わいたい!そんな気持ちで9週間の短期コースに参加しました。」

実際にロンドンで授業を受けてみて、日本との違いに驚くことが多かったそう。

「作品の作り方が日本と全く異なるんです。さらに文化も全く違う。海外だと些細なことでも口に出さないと考えを理解してもらえないし、自分をアピールしないといけない。個性的に着飾ることも、自分プロデュースのために欠かせないことなんです。」

留学経験をいかし、帰国後はファッション系WEB制作会社に就職。よりクリエイティブな環境を求め、9月にLINE株式会社へと転職した。さらにプライベートでは、アートの情報を発信する「CREATIVE NEST」の活動にも参加。

「以前の私には見えなかったものが、最近は少しずつクリアになっているのを感じています。あのとき一歩踏み出して本当に良かった!やりたいことがあるのなら、口に出して言わなきゃいけない。今ならその意味がすごくよくわかります。」

*****************************************

ユニコンのオリエンテーションコース体験記にも協力してくれた塩川さん。
http://www.unicon-tokyo.com/courses/archives/2013/01/post_2.html
仕事と並行してアートの情報を発信する「CREATIVE NEST」の活動を精力的に行うなど、本当に誇らしいかぎりです。
「CREATIVE NEST」の最新情報はこちらからチェック!!!⇒ http://creativenesttokyo.tumblr.com/

投稿者 unicon : 2013年10月23日 16:10