News/Event

セントマーチンズのオリエンテーションコース 2020年-2021年の日程が発表されました

2020.01.29

セントマーチンズ短期コース

ロンドン芸術大学のファウンデーションコース一発合格の最短最強コース

セントマーチンズオリエンテーションコース

元々はセントマーチンズのファウンデーションコースを目指す外国人学生用にデザインされたものですが、近年、欧米式のアート&デザイン学習を学ぶ上で欠かせないアート哲学とスタディスキルを短期で習得することを目的とした日本の美大生・美大卒、プロのデザイナーの受講も急激に増え、オリエン受講後にBA(学部)やMA(大学院)への進学にも有効です。

2020年秋以降の日程が発表されました。

◆今後のオリエンテーションコース日程◆

コース 3:2020年4月13日~2020年6月12日(9週間)
コース 4:2020年6月22日~2020年8月7日 (7週間) 
コース 1:2020年9月28日~2020年11月27日(9週間)
コース 2:2021年1月11日~2021年3月12日(9週間)
コース 3:2021年4月12日~2021年6月11日(9週間)
コース 4:2021年6月21日~2021年8月6日(7週間) 
【2020年3月17日ユニコン追記】
セントマーチンズより2020年4月13日からのオリエンテーションコースをキャンセルすることに決まった旨の連絡がありました。

【2020年5月27日ユニコン追記】
セントマーチンズより2020年6月22日からのオリエンテーションコースをキャンセルすることに決まった旨の連絡がありました。
現状において、十分な学習環境とプログラムの提供が難しいため、この苦渋の決断に至ったとのことです。
参加申し込みをご検討いただいていた皆さまにはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します。

 

授業料はお値段据え置き4995ポンド。
毎年順調に授業料を値上げするロンドン芸術大学において、ここ3年ほど授業料が変わらない希少(いつか爆上げが起こりそうでむしろ怖い)なコースです。
大袈裟ではなく世界中から進学希望者が殺到中のセントマーチンズで、ファウンデーションコースへの入学のハードルが日本人の私たちの想像を遥かに超える狭き門になっています。
短期間でやっつけ力技の自己流ポートフォリオ制作で合格できるほど、ファウンデーションコース進学は甘くありません。
進学計画はお早めに。
オリエンテーションコース最終週に行われていたファウンデーションコースの内部審査も状況が変わってきていますので、以下のページを必ずご確認いただきオリエン受講時期を慎重にお選びください。

 

【セントマ】2019年秋オリエンテーションコース 結果
【セントマ】2020年冬オリエンテーションコース 結果

 

コンセプト至上主義■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
セントマーチンズの公式案内には「オリエンテーションの目的はアートファウンデーション審査に必要な知識とスキルの習得である」と明記されていますが、単に字面通りの知識やスキルであれば何もわざわざイギリスまで来なくとも日本の美大の講習を受ければ済む話です。
テクニックに限定して言えば、技巧性や完成度、緻密さにおいて日本の美大の教授法は世界一といって差し支えないと思います。ならばなぜ、イギリスでセントマーチンズでオリエンテーションなのか?欧米の作品評価は見た目の美しさや完成度ではなく、コンセプトの深さや斬新さに与えられます。それがすべてであると言っても過言ではありません。ところで〔コンセプト〕という言葉は近年、日本でも当たり前のように使われていますが、そもそもの定義は何なのでしょうか?
具体的にはどんなことを意味しているのでしょうか?
ピッタリした日本語に訳しがたい言葉ゆえカタカナ表示されているのですが、多くの日本人にとっては心からの理解がなかなか難しい言葉だと思います。〔コンセプト〕という言葉が登場する以前の日本社会では美術はあれこれ理屈付けて論じるものではなく、「見て美しさを感じる」対象であったと思います。
たいへん情緒的で感情的です。そしてわかりやすい。
2千年の歴史に育まれたそうした意識や観念がそうそうたやすく変わるはずがないし、たとえ時代がどう移り変わろうともそうした伝統芸術を守るのは国の使命でもあるし、実際、結果(作品)の完成度を評価の対象とする方々が今現在も多くいらっしゃいます。しかし、近年、驚くべき速さで進んでいる通信の発達とグローバル化の波は日本の芸術界やクリエィティブ産業界にも大きな影響を与えつつあります。その一つが「結果よりも過程が重要」という考え方です。
「感じる」のではなく、「理論的に分析する」という姿勢です。
この考え方の好き嫌いは別にして、世界には異なる価値観や評価方法があることを受け入れざるを得なくなりつつある事実は誰しもが認めざるを得ない現実ではないでしょうか。そこでセントマーチンズです。
コンセプト重視に偏り過ぎているのではないかとさえ思われるほどその色が濃いこの大学で学ぶ人は常に従来の既成概念に対してinnovativeなチャレンジを試みる姿勢を求められます。
他者の嗜好におもねるような作品や、権威がありそうなプロフェッショナルの批評を有り難く拝聴するだけの従順な学生にとっては大変居心地が悪い学校です。日本の社会でならちょっと眉を顰められるくらいの積極的な(図々しいくらいの)勢いで挑まないと影の薄い人間で終わってしまいます。オリエンテーションでは各プロジェクトにおいて自分が発信したいアイデア/テーマ[コンセプト]を明確に説明することを求められます。その元となったインスピレーションや動機をどのようなリサーチを経て発展させたのか、どういう理由からその〔媒体/マテリアル〕を選んだのか、どのようにイマジネーションを膨らませて最終地点(ビジュアル化された作品)にたどり着いたのか、そして自身はその過程と結果をどう分析し自己評価しているのか…という過程をビジュアル(デッサンなど)と言葉で語る責任があります。自分が他者の作品評価をするときにも同様の姿勢が求められます。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

オリエンテーションコース、セントマーチンズ・ロンドン芸術大学への進学のお問い合わせやご相談は随時受け付けております。

気軽にご連絡ください

 LINEでのお問い合わせなら▶ 右のLINEアイコンをクリック
メールでのお問い合わせなら▶ mail@unicon-tokyo.com
資料請求はこちらから▶ https://www.unicon-tokyo.com/contact/

 

☆**‥…★…‥*オリエン&ファウンデ留学体験記*‥…★…‥**☆
【コース体験記】Yuta Yamanaさん:セントマーチンズ、ファッション学部(Womens Wear)到達までのヒストリーを語る
【コース体験記】武内さやさん(19歳):雨にもIELTSにも負けず 平成女子高生のロンドン奮闘記
【コース体験記】田口愛子さん(20歳):ファウンデ学生がロンドンのギャラリーとアーティスト契約の快挙!
【この人に聞きました:メディア掲載】小迫としかさん: File19 雑誌で紹介されました!
【コース体験記】オリエンテーションコース体験記:塩川さん
【この人に聞きました:メディア掲載】CSMファウンデーションコース在籍中の田崎志佳さん:雑誌で紹介されました!
☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆◆☆**‥…★…‥**☆

気軽に問い合わせ LINE@